サロンカラー後の違い

2022年08月13日 10:00
カテゴリ:カラー

皆さんこんにちは😃
今日は、サロンカラー後について
説明をさせて頂きます。
美容室ではカラーのシャンプーを
どのようにしているのか?
ホームカラーとの違いを
知っていただくと嬉しく思います。

乳化

まず、乳化についてです。
カラーのシャンプーの前に
シャンプー台でぬるま湯をためて
揉み込むような作業をしているのは
ご存知でしょうか?
あれは、クレンジングと
同じ原理で、地肌についた
カラー剤を落としているのです。

残留物質除去

頭皮・髪の残留物質を徹底除去し
8種類の天然植物エキス配合で
頭皮の環境を
整えます。
カラー剤は普通にシャンプー
しても
2カ月は残留物質が残っていると
言われています。
頻繁に染める方は
ずーーっとカラー剤が
残ったまま繰り返すので
頭皮の衰えからくる
・傷み
・薄毛
・ハリコシが無くなる
などの問題が起こってきやすくなります。
綺麗になるための
ヘアカラーが
老化を加速させるための
カラーになってしまいます_:(´ཀ`」 ∠):
美容室ではそうならないために
丁寧に除去します。

ケミカルダメージケア

カラー後のシャンプーは
アジュバンのプラチナム
シャンプーとトリートメント
を使用します。
リニューアルして
更にパワーアップ❗️

①毛髪CMCにアプローチし
うるおい溢れる髪に。
②毛髪表面の脂肪酸を
補修。
③キューティクルを補修
④紫外線による
毛髪ダメージをケア。
⑤熱によるダメージから
保護。

プラチナムは
ケミカルダメージに
負けないしっとりした
髪質に。
カラーシャインシステムで
毛髪の色彩を保つ
と、カラー後のケアには
最高のシャンプーと
トリートメントです。
お店でも販売しております。

ここまでが標準な施術システム
になっています。
このように
サロンでは、有害になって
しまうカラー剤の除去処理を
丁寧に行い、毛髪と頭皮のケアを
行っています。
直ぐには見えなくても

1年3年5年10年と
見ていくと
その差は歴然です。
髪はその方の生活も出てきやすい
部分なので
出来るだけ
お肌と同じくらい
ケアを心がけたいものです。

私達はお客様の髪と寄り添い
健康な髪づくりの
お手伝いをさせて
頂きます。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)